Pocket
LINEで送る

 

読者投稿を元に描かれる『ストーリーな女たち』。

今回はその中から、「残飯少女」「隣人」をご紹介します。

家族の残飯を食べさせられ育った少女、雅子。

 

その体は、小学五年生で18kg。

そんな彼女を不思議に思った担任の教師は、なんとかその境遇から救い出そうとします。

ところが却ってそれは、火に油を注ぐこととなり、激しい暴力へと発展していきます。

 

一方、夫の転勤で引っ越してきた香苗。

そのマンションの隣室では、恐ろしい児童虐待が行われていました。

なんとか助けてあげたい。

 

その一心で香苗は手を差し伸べますが、やがて隣人から嫌がらせをされるようになり――――……?

 

傷付けられる子供たち。

果たして明るい未来は拓けるのか。

社会現象とも言える虐待を描いた作品群です。

それでは、漫画「残飯少女~虐待された私~」のネタバレや結末、感想を紹介します。

 

ネタバレもあるので、先に無料の試し読みをしたい方は、以下のサイト内で「残飯少女」と検索して、無料立ち読みしてみてください。

残飯少女を無料で立ち読みしてみる

残飯少女のネタバレ

雅子は養護施設の職員として働いている。

そのきっかけは、彼女が育った環境にあった。

食事は家族の残飯、できそこない、グズと罵られ、失敗をすると激しい折檻。

 

母親が怖いという理由で友達もできず、唯一の話し相手は海だった。

お父さんお母さんは、だめな私のことは大嫌いなんだ。

甘やかされる弟を見て雅子は、自分を責める日々だった。

 

そんな中、新学期で新しい担任がやってきた。

東京からやってきた、美智子先生。

明るくて、優しくて、きれいな彼女に雅子は心を開いていく。

 

だが、体重測定の日。

小学5年生にして18㎏しかないガリガリの体を見た美智子先生は、雅子の家を訪ねる。

その晩雅子を待っていたのは、恐怖のお仕置きだった。

 

明かりのない蔵に一晩閉じ込められる。

始めは怯えていた雅子だったが、波の音に気付き、私はひとりじゃない、海が私を包んでくれる、と心穏やかに眠りにつく。

私に優しくしたら、先生まで怒られる。

 

そう悟った雅子は、美智子先生との接触を避けるようになった。

だが、美智子先生は雅子の家を再三訪ね、どうにか雅子を救えないか考える。

父は、雅子が先生に何かを言ったのだろうと暴力を振るうようになっていた。

 

私が悪い子だから、私をいい子にしようとしてお母さんは怒ってるの。

優しく美智子先生は、雅子の心の声を引き出す。

そして、泣きじゃくる雅子を抱きしめた。

 

雅子ちゃんは悪い子なんかじゃない、一生懸命頑張ってるいい子よ。

それは雅子に生まれて初めてかけられた言葉だった。

そしてその週の日曜日。

 

雅子は美智子先生に連れられて焼肉を食べに行った。

初めて食べる厚いお肉に大喜びの雅子。

だが、帰り道には表情を曇らせる。

 

帰りたくない、でもどうしたらいいかわからない。

また叱られる、叩かれたくない。

そう零す雅子に、「大丈夫、先生がついてる」と美智子先生は雅子の手を握った。

 

そして二人で雅子の家へ。

今日こそしっかり伝えなきゃ。

美智子先生は決意していた。

 

「あなた達のしていることは児童虐待です」と。

告げられた雅子の父は、逆上し怒鳴り散らした。

俺の子をどうしようが俺の勝手だと。

 

そして、無理矢理美智子先生を家の外へ締め出すと泣き叫ぶ雅子を感情のまま殴り・・・。

この続きが気になる方は、以下のサイトで「残飯少女」と検索!!

残飯少女を今すぐ読む

 

隣人のネタバレ

夫の転勤がきっかけで、S市のマンションへと引っ越してきた花苗。

ところが、隣に住んでいるのは大変な人だった。

まだ幼い息子・広樹に喚き散らし暴力を振るい、雨の日にベランダに締め出す。

 

近所の話では母子家庭ということだが、刺青の入った男も出入りしていた。

やりすぎでは、と口を挟むと、人の家のことに口出すんじゃねーよとヒステリックに怒鳴り散らされる。

だけど、玄関のドアの前で泣いている広樹を放っておけなくて、香苗はつい招き入れてしまった。

 

顔の傷について尋ねても「転んだの」と言い張る広樹。

お母さんが帰ってくる時間だから、とようやく帰ったのは、夜中の12時すぎのことだった。

それから広樹は家を追い出されるたび花苗の家に来るようになった。

 

子供がいない二人は、絵本を買い与え可愛がるが、母親にヒステリックに突き返される。

夫は腹を立てて、もう関わるなど言うが、壁の向こうから聞こえる激しい物音と泣き声に、香苗は思い悩んだ。

このままじゃ広樹君が……。

 

ネットで調べ、児童相談所へと通報する。

だが広樹の母は、「私が仕事中にあいつが息子を部屋に連れ込んでいじめてるんだ!」と香苗を指差し訴えた。

そうだろ?と同意を求められ広樹は、コクンと頷く。

 

香苗は、全て独りよがりだったのかとひどく落ち込んだ。

さらに始まる隣人からの嫌がらせ。

ドアの落書きに夜中じゅう響く騒音。

 

徐々に消耗していく香苗だったが、夫の口から「引っ越ししよう」という言葉が出て、安堵のあまり泣いてしまった。

もうどうせ引っ越すんだ。

もう知らない、関わる気もない。

 

泣いている広樹の横を素通りし、隣からの物音にも平静を貫く。

そう思い夫と夕飯をとっていたところ、激しくチャイムの音が鳴り響いた。

俺が出る、と夫がドアを開くと、頭からひどく出血をした広樹が飛び込んできた。

 

急いで救急車を呼ぶ香苗。

すると、ドアをバンバンと叩く音。

人さらい!うちの子を出しなさいよ!

 

聞き紛うことないヒステリックな声。

夫は冷静に、救急車が来るまでお預かりしますと伝える。

すると広樹の母親は、しおらしくこう言った。

 

帰ってきたらすごいケガしてた。

私に心配かけると思って、この子何も言ってくれなくて。

心配だから一緒にいさせて。

 

ドアスコープ越しに見る悲しげな表情に、夫は思わずドアを開けるが・・・。

この続きが気になる方は、以下のサイトで「残飯少女」と検索!!

残飯少女を今すぐ読む

感想

どちらもハラハラしながら読みました。

なんの罪もない子供たちにどうしてこんなことができるんでしょう……。

自分が子供を虐待することはないと思っても、身近なところでそれが行われていたら、果たして自分は関わっていくことができるのでしょうか。

 

虐待死のニュースが珍しくない昨今、可能性はないとは言い切れません。

深く考えさせられる一冊でした。

残飯少女を丸ごと無料で手に入れる方法

最後に、残飯少女を無料で読む方法について紹介します。

先に結論から言うと、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスに無料登録することで、コミックス単巻を無料でゲットできます。

詳しい方法を知りたい方は、今すぐ以下の記事を読んでみてください。

コ残飯少女を丸ごと無料で読む方法はこちら

 

注意事項:U-NEXTに関する本ページの情報はこの記事を作成した時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 
Pocket
LINEで送る