Pocket
LINEで送る

虐待される子供に焦点を当て描かれた榎本由美先生の作品。

父親から性的虐待を受け、それを理由に母親からまでも虐待を受けるようになってしまったナオの壮絶な人生が描かれている。

 

ナオは、虐待を受けた両親から逃れるため、養育里親である由志摩家にやってきた。

虐待されていた頃の精神的ショックから立ち直れず、由志摩家にやってきてからもナオはずっと暗いままだった。

 

そんなナオに対してとても優しく接してくれる里親の満子の姿を見て、ナオは少しずつ希望を見出していくのだった。

それでは、漫画「養護施設を追われた子ども~ナオの物語~」のあらすじやネタバレ、結末、感想を紹介します。

 

ネタバレもあるので、先に無料の試し読みをしたい方は、以下のサイト内で「養護施設を追われた子ども」と検索して、無料立ち読みしてみてください。

養護施設を追われた子どもを無料で立ち読みしてみる

【あらすじ】

ナオは、父親から性的虐待を受けており、過度のストレスから過呼吸の発作を起こすことがあった。

虐待を受けていた親から逃れるため、児童相談所の保護施設に預けられていたのだが、施設から学校へ行くことはできない。

ナオは学校へ行くことを希望していたため、養育里親家庭に行くことになった。

 

そこで紹介されたのが、由志摩満子だった。

彼女はとても優しそうな人で、暗いナオを笑顔で引き取ってくれた。

満子の家には、夫の鉄男、そして小学二年生の雄星がいた。

雄星も同じく保護施設からやってきた男の子だった。

 

その日の夜、満子が出してくれた夕食は、ナオの見たことのない料理ばかりだった。

家にいた頃は、母はあまり料理をせず、ナオはキャットフードを与えられていた。

その話をしていると、つい当時のことを思い出してしまう。

 

母は弟を連れて外食に行き、残された父にナオは乱暴されていた。

そのことを知った母は、ナオが悪いのだと逆上し、ナオに暴力を振るうようになっていった。

そして、母は弟だけをかわいがるようになり、ナオはひとりぼっちになってしまった。

 

その時のことを思い出すと体が震えてしまう。

満子は、無理に思い出さなくていいと言って、その日はナオを早く寝かしつけてくれた。

しかし、いつになってもナオは眠ることができなかった。

 

翌日、雄星が小学校を案内してくれた。

しかし、夜怖くて眠ることができないナオは、保健室の場所だけ聞いてずっとそこで眠っていた。

雄星からそのことを聞いた満子は、ナオが夜眠れない理由を不思議に思った。

 

養護施設を追われた子どもを今すぐ読む

 

ネタバレや結末

ある日ナオがリビングに行くと、父の鉄男が夕食を食べていた。

鉄男はお酒を飲まないと聞いて、ナオはびっくりした。

自分の父親は常にお酒を飲んでいたからだ。

 

鉄男の部屋には本がたくさんあった。

父はいつも酔っ払っていたが、鉄男は代わりに本を読んでいるようだった。

彼は読書の素晴らしさをナオに教えてくれてとても優しかったが、自分の父親と比べて思い出すとナオは度々苦しくなっていた。

 

休日、家族でモールに買い物にでかけた。

雄星がゲームをしたいと言うと、満子はナオにまでお小遣いをくれ、好きなように遊ばせてくれた。

さらに満子は、かわいい洋服を買ってあげると言ってくれたが、ナオは異常に拒否反応を示した。

かわいい格好をしたら、父に色目を使っているだろうと母に怒られてしまうからだ。

当時のことを思い出したナオは皆のもとから逃げ去り、過呼吸を起こしてしまった。

 

モールのど真ん中でのたうち回るナオ。

そんな彼女を見ても、満子は冷静に優しく対応してくれた。

満子の優しさに触れ、ナオは少しずつ昔両親からされたことを話し始めた。

 

父は小さい頃からナオの体中を触ってきて、ある日母がそれに気づいた。

すると母はナオのことをしかりつけ、そしてストレスでどんどん太り始めた。

その重たい体でナオの上に乗っかって寝ていたのだ。

苦しいと訴えてもどいてくれることはなく、それを機にナオは夜眠れなくなってしまった。

 

満子はその話を聞いてナオを優しく抱き寄せ、夜ご飯にハンバーグを作ってくれた。

初めて食べたその味に、ナオは夢中になって食らいついたが、このような幸せな場所にずっといていいものか不安になってしまった。

 

ナオは、家から出たときのことを思い出して、満子に話し始めた。

父は昔から、ナオが一人になると覆いかぶさってきて、そのため母は夜ナオが寝ていると上に乗ってお菓子を食べるようになった。

 

ある日、いつもどおり父と母は喧嘩しており、怒った母は弟を連れて出ていってしまった。

ナオもついていこうとしたが父に呼び戻されてしまい、そこで取り返しのつかないことをされてしまった。

 

痛いとナオが泣いていると、戻ってきた母は何があったのか悟り、その怒りの矛先をナオに向けた。

泣き叫ぶナオを押さえつけ、吸っていたタバコの火を押し当ててきたのだった。

 

そこまで話して、ナオはまた過呼吸をおこしかけた。

満子はそれを聞いて一緒に隣で寝てくれた。

眠れないナオを見ると頭を優しく撫でてくれ、彼女は久しぶりに夜眠ることができた。

 

後日、満子が児童相談所の人とともに訪れたのは、ナオの母の元だった・・・。

 

この続きが気になる方は、以下のサイトで「養護施設を追われた子ども」と検索!!

養護施設を追われた子どもを今すぐ読む

【感想】

ナオの心の闇がとても深く、辛い表情や苦しい胸の内がリアルに描写されている。

弟ばかり優しくされ、家族のどこにも居場所がなかったナオの苦しみは計り知れない。

満子との出会いにより、どうにか立ち直って欲しいと願うが、彼女の心の傷が癒える日は来るのだろうか。

コミックス単巻を丸ごと無料で手に入れる方法

最後に、コミックス単巻を無料で読む方法について紹介します。

先に結論から言うと、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスに無料登録することで、コミックス単巻を無料でゲットできます。

詳しい方法を知りたい方は、今すぐ以下の記事を読んでみてください。

コミックス単巻を丸ごと無料で読む方法はこちら

 

注意事項:U-NEXTに関する本ページの情報はこの記事を作成した時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 
Pocket
LINEで送る