Pocket
LINEで送る

sponsored link

「代理母戦争」や「あなたやめて!」、「整形復讐女」で有名な鬼女DXシリーズの作品です。

今回は、SNS地獄のあらすじやネタバレ、結末を紹介します。

 

ネタバレもあるので、先に無料の試し読みをしたい方は、以下のサイト内で「SNS地獄」と検索して、無料立ち読みしてみてください。

SNS地獄を無料で立ち読みしてみる

BookLive!

あらすじ

主人公のユミは、地方の大学を卒業後に上京し、派遣社員として働いている。

本来は、総合職でキャリアウーマンとしてバリバリ働く予定だったが、希望した就職先は全滅だった。

今は、お茶くみやコピー取りなど誰にでもできる仕事しかさせてもらえず、悶々とした日々を送っている。

 

そんなとき、彼女のもとに同窓会の知らせが舞い込んできた。

しばらく大学時代の友達に会っていなかったので、同窓会へ行くことに。

 

ユミが同窓会の会場へ行くと、英子や和美といった大学時代に地味だった二人が見違えるほど美人になっていることに驚く。

英子は専業主婦で育児に専念中、和美はデザイン事務所を立ち上げて独立していた。

「ユミは?」と聞かれ、「まあキャリアウーマンってとこかな」と答えるのが精一杯だった。

 

このときユミは、英子や和美に促され、インスタグラムを始めることに。

 

後日、ユミは仕事中に英子や和美のインスタグラムをチェックすると、そこにはリア充ぶりをアピールする写真が多く掲載されており、たくさんのいいねがついていた。

「私だって、本当は・・・」

ユミは二人の充実した幸せそうな写真を目の当たりにして、ギリギリとした嫉妬心が芽生えた。

 

その日の定時後、ユミが会社の更衣室で着替えをしていると、先輩の女性社員がパリで買ったブランド物のバッグを後輩の女性に自慢していた。

ユミは先輩のロッカーが無施錠であることに気づき、二人が更衣室を出た隙に、ブランド物のバッグの写真をこっそり撮って、自分の物だとしてインスタに投稿した。

 

すると、

「素敵だね、ユミに似合ってる」

「羨ましい、それ欲しかったやつだ」

などと、和美や英子からすぐにメッセージが来た。

 

このとき、ユミは言い知れぬ高揚感を感じ、とても気分がよかった。

 

しかし、この日を堺に、平穏だったユミの日常が徐々に崩れていくことになるのだった・・・。

SNS地獄を今すぐ読む

sponsored link

 

ネタバレと結末

ブランド物のバッグの写真をインスタに投稿した日から、ユミは何かと背伸びした写真をインスタにアップするようになった。

ユミはお昼はいつも手作り弁当を持参していたが、それ以来おしゃれなカフェへ行き、少し高いランチを食べて写真を撮るのが日課に。

 

「いいね、おしゃれ」

「いつも素敵だね」

こんなコメントを見るたびに、ユミは高揚感に酔いしれ、本物のキャリアウーマンになった気分を味わえた。

 

 

しかし、あるときユミが掲載した写真に対して、

「そのお店、私も一年前に家族で行ったよ」

というコメントが英子から送られてきた。

 

これを見たユミは、「自分の方が先を行っていると言いたい訳」と再び嫉妬心に火がつく。

 

後日、ユミは質屋で不用品を買い取ってもらい、それで得た2万円で五つ星のディナーを食した。

高級ワインに、霜降りステーキ。

「行きつけの五つ星レストランで今日も夕食」とのコメントで早速インスタで報告。

 

そして、皆が羨ましがっている様子を見て、高揚感を高ぶらせる。

 

それからというもの、ユミの行動はさらにエスカレートし、先行投資という名目で、ブランド物のバッグをカードで買う機会が増えていった。

買ったバッグはすぐに質屋で換金し、また新しいアイテムを買う。

こんなことを繰り返しているうちに、カードの支払いが追いつかなくなっていく。

 

さらに

「来週家族でハワイに行ってきます。by英子」

「デザインコンペで入選しました。by和美」

 

こんな投稿を見るたびに、ユミは嫉妬心をたぎらせて、どんどん金遣いが荒くなる。

しまいには呼ばれてもいない金持ちのパーティーにこっそりと潜り込み、フェラーリの前で写真をとって自分の所有物であるかのようにアピールする始末。

 

こんなことをしているうちに、家賃や公共料金の支払いが滞り、ついには電気を止められてしまう。

さらに、この頃になると流石にユミのインスタ読者の中にも、ユミが本当にセレブなのかを疑う人たちが出てきた。

 

そんなある日、ユミは電車に乗っているとき、帽子をかぶったイケメン男性がうたた寝しているのを目撃した。

ユミは、その男性のそばにこっそりと近づき、ツーショットとともにこんなコメントを投稿した。

「彼、爆睡中です。」

 

いいねが1036件もつき、ウキウキ気分で電車を降りたユミだったが、この投稿がきっかけで、自分の身に危険が及ぶことなど、このときは知る由もなかった・・・。

 

この続きが気になる方は、以下のサイトで「SNS地獄」と検索!!

SNS地獄を今すぐ読む

 

 

コミックス単巻を丸ごと無料で手に入れる方法

最後に、コミックス単巻を無料で読む方法について紹介します。

先に結論から言うと、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスに無料登録することで、コミックス単巻を無料でゲットできます。

詳しい方法を知りたい方は、今すぐ以下の記事を読んでみてください。

コミックス単巻を丸ごと無料で読む方法はこちら

sponsored link

注意事項:U-NEXTに関する本ページの情報はこの記事を作成した時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 
Pocket
LINEで送る