Pocket
LINEで送る

sponsored link

作者がこの作品を描いたきっかけは、「どうしてあなたのエッセイ漫画には旦那さんが出てこないの?」と尋ねられたことでした。

 

近年の離婚率は高いけど、離婚しなくてもよかったんじゃない?と思う夫婦が多々あり、「自分もそうだったのかもしれない」

 

孤独な育児、夫の浮気を経ても尚、そんな思いが残る……――――

様々な『夫婦の形』について考えさせられる、リアルなエッセイ漫画です。

 

それでは、カマかけたらクロでしたのネタバレや感想を紹介します。

 

この先はネタバレを含むので、先に試し読みをしたい方は、以下のサイト内で「カマかけたらクロでした」と検索して、無料立ち読みしてみてください。

カマかけたらクロでしたを無料で立ち読みしてみる

 

あらすじ

2005年、作者・うえみさんは、夫と娘と暮らしており、息子を妊娠中。

結婚4年目、けれど夫婦仲は新婚当初より悪く、普通の幸せな家庭に憧れながら暮らしていた。

夫は掛け出しのTVのADをしており、家に帰ってこない日の方が多

かった。

 

気付けば娘と2人だけの生活。

休日は疲れて寝てばかりの夫。

娘をつれて公園へ行っても、お父さんと遊ぶ子供達が目に入り切ない思いでいっぱいになるうえみさん。

 

夫が帰らない日は娘を連れて実家へ帰ることも多々あった。

時には、両親に子供を預け友達と遊びに行く事も。

そんなときに限って執拗に届く、浮気を疑うメール。

 

どんどんうえみさんは夫が理解できなくなっていった。

話したいこともたくさんあるのに、どんどん会話は淡白に。

そんなある日、うえみさんはとんでもないものを目にする。

 

付着物によってテカテカに光る夫のパンツ。

勢いで浮気調査に電話するものの、浮気されている可能性が高いと言われ、動揺して電話を切る。

 

気を取りなおして洗濯の続きを、と夫の服を拾い上げると、ひらりとラブホテルの領収書が床に落ちた。

 

勇気を出し、ようやく尋ねられたのが3ヵ月後のこと。

「家の前に落ちてて、会社の領収書と勘違いして拾った」

浮気など信じたくなかったうえみさんは、ミエミエの嘘にほっと胸を撫で下ろした。

 

だが数日後見つけたのは、映画の半券チケット。

「仕事」と嘘をついて行く理由なんて……。

疑惑が確信に代わったうえみさんは、カマかけを始めます。

 

「はぁー、200万かぁ」

探偵と別れさせ屋に頼んで夫と浮気相手を別れさせるのに200万かかった。

明後日には離婚裁判に出せる正式な書類が上がってくる。

全て知っていると盛大な嘘をつくうえみさん。

 

「私もあの映画見たかった」

「平日の連泊用に着替え送ろうか?」

「彼女コンロがもう一口あったらもっと色々作ってくれるって」

 

全ては想像でしかないが、それを専門機関から得た情報のように伝え揺さぶりをかける。

正直に話してくれる方が私は救われるよ、その言葉に夫は土下座し話し出した。

「今の話全部嘘だよ」

 

夫の顔をグーで殴るうえみさん。

「絶対許さないからねー!離婚よ!」

 

カマかけたらクロでしたを今すぐ読む

sponsored link

ネタバレ

離婚を拒む夫に、浮気を認める念書を書かせた。

それさえあれば浮気は立証される、離婚の有責事由として認められるから。

 

その日から、立て続けにピンポンダッシュが行われた。

犯人は恐らく浮気相手だ。

そう思ったうえみさんは夫の携帯を盗み見する。

 

メールはほぼ相手から一方的に送られてきていた。

イチかバチか、彼女と連絡を取るために夫になりすまし、「メアド変更しました」と自分のアドレスを彼女に送る。

 

『あなた、奥さんでしょ?』

返ってきたメールに総毛立つうえみさん。

『あなたのダンナは、いつも電話なんてかけてこないしメールの返信もくれない』

 

夫は彼女と別れたがっていて、彼女はそれが妻である自分のせいだと思っていることを知った。

ときに攻撃的で、ときに切ないやり取りを交わしているうちに、彼女に少し同情的な気持ちが沸く。

だが、気になる言葉が。

 

『どこに住んでるか知ってる』

『この前写真見たよ』

家の住所も顔も知られている、もし娘に何かあったらお腹の大きい自分では守ってあげられない。

 

うえみさんはこの子に何かあったらと、神経を尖らせノイローゼ気味になっていった。

夫は怯えて帰ってこない。

カマかけ成功から半月、うえみさんは娘を連れて実家へと帰った。

 

出産に備え、新たな産院へ。

楽に産んで早く退院したい、そう思っていたのに、助産師の言葉にうえみさんは涙する。

 

「体が冷えて固まって、出産準備に入ってません。何かありましたか?」

冷えて固く閉ざされていたのは心だけではなかった。

私でよかったら話してくださいと優しく声を掛けた助産師に、うえみさんは全てを打ち明ける。

 

すると助産師は、悔しいと涙を流して聞いた。

「これからは、うえみさんとお子さんの3人には、たくさんの愛につつまれてほしいです」

自分と子供はもう、欠けることのない絶対的な家族。

 

そんな家族と、真っ白な未来。

この2つがあればもう十分だと、ようやくうえみさんは前を向くことができた。

 

 

家出から半年経ち、息子を無事出産。

そして、ついに離婚調停の日がやってきた。

絶対に子供たちには触れさせない。

 

その決意を胸に、うえみさんは家庭裁判所へと足を運んだ。

夫はあくまでやり直したいと主張。

調停は月に1度なので、ゆっくりと進む。

 

9ヶ月かかり、ようやく離婚が認められた。

希望が通り、親権と監護件はうえみさんへ。

 

だが、そこから迷いが生じる。

今は夫が憎くて憎くてたまらない。

だけど、一生を背負う判断を、感情に駆られて下してよいものか。

 

もう少し時間がほしい。

そう思ったうえみさんは、ある結論を出した。

 

この続きが気になる方は、以下のサイト内で「カマかけたらクロでした」と検索!!

カマかけたらクロでしたを今すぐ読む

感想

さぞやドロドロしたお話だろう、と思いながら読みましたが、とても心温まるストーリーでした。

 

過去は消せないけれど、人は変わっていく。

苦しみや憎しみも時の流れが癒してくれる。

二人の関係は決着がつかないままですが、それがまたリアルで、良

い意味で力が抜けたのかなと思いました。

 

浮気はひどい裏切りですが、うえみさんと旦那さんがそこに行きつくためには必要だったのかもしれません。

そう思えるほど読後感が良く、幸せな気持ちになりました。

家族の形は様々でいいんだ、そう認識を改めさせられる作品です。

 

コミックス単巻を丸ごと無料で手に入れる方法

最後に、漫画1巻を無料で読む方法について紹介します。

先に結論から言うと、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスに無料登録することで、コミックス単巻を無料でゲットできます。

詳しい方法を知りたい方は、今すぐ以下の記事を読んでみてください。

コミックス単巻を丸ごと無料で読む方法はこちら

sponsored link

注意事項:U-NEXTに関する本ページの情報はこの記事を作成した時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 
Pocket
LINEで送る