Pocket
LINEで送る

うっ、エグい……、でも面白い!

怖いもの見たさもあってか、ついつい手を伸ばしてしまうグロ漫画。

血飛沫が飛び散り、内臓が飛び出し……現実だと怖いけど、漫画だとそれも楽しめますよね。

今回は、そんなグロい人気漫画3作をご紹介します!

 

屍牙姫

 

漫画のあらすじ

人目を忍ぶように、古い館で暮らす美女・美輪子。

彼女の好物は、欲情しアドレナリンをたっぷり含んだ若い男性の血液でした。

美輪子はその豊満な肉体で少年たちを誘惑し、心臓を抉り出すと絞り器でぎゅっと絞り、滴る血液を味わいます。

 

だが、ある日獲物として連れてこられた高校生・広田は、恋人のために美輪子の誘いを断りました。

美輪子はそんな広田に興味を持ち、彼の肉体を破壊します。

そして、広田を『使い魔』として自らの手で『再生』させます。

人ならぬ姿となった広田は、マスクを被り、館を飛び出し恋人の元へと急ぎますが・・・。

 

この続きが気になる方は、以下のサイトで「屍牙姫」と検索!!

屍牙姫を今すぐ読む

 

感想や見どころ

エロスとグロの相性の良さが際立つ作品です。白い肌が鮮血で赤く染まるシーンは美しく妖艶さを醸し出しています。

凶器は美輪子の素手や素足。まだあどけなさの残る男子高校生たちの胸を繰り抜き、心臓をぎゅっと掴んで取り出します。

足の爪でスッとなぞるだけで四肢を切断できたり、胸から口に貫通させたりと、首筋に牙を立てる吸血鬼より更に獲物を仕留める能力に長けています。

 

おそらく心臓など、一握りで潰せるのでしょうが、専用の絞り器を用意し絞らせて飲むあたりが優雅さも醸し出しています。

広田を『使い魔』として覚醒させるシーンもなかなかのグロさで、ぷつぷつと肌が泡立って、血が噴き出すシーンなどは息を呑みました。

更に特筆したいのは、心理描写の巧みさ。美輪子の気まぐれに振り回される少年たちの切なさや苦しさが、ほどよく想像力を働かせられるように描かれており、その後味の悪さがまた、たまらなく癖になる作品です。

 

屍牙姫を今すぐ読む

 

殺戮モルフ

漫画のあらすじ

主人公まどかは、学校帰りに渋谷で遊んでいたところ、とんでもない事件に遭遇します。

鉈を凶器にした無差別殺人事件。犯人は、継ぎを当て目元だけを繰り抜いた、異様なマスクを被っていました。

犯人は取り押さえられ、その場で逮捕されたのですが、その後もまどかの元へと姿を現します。

 

まどか自身に危害は加えないものの、目の前で殺戮を繰り返し、その事件は全て未解決に。

事件を担当した刑事に相談しますが、犯人は収監中。取り合ってもらえません。

そんな中、犯人を取り調べていた部長が、署内のトイレで発見されます。

 

鉈で頭を割られた状態で。

一方まどかは、事件の目撃者が集まる集団カウンセリングに参加します。

そして、その場に集う皆が、その後も犯人を目撃していることを知り・・・。

 

この続きが気になる方は、以下のサイトで「殺戮モルフ」と検索!!

殺戮モルフを今すぐ読む

 

感想や見どころ

犯人が非常に不気味で、ぞくぞくとしました。マスクから覗く焦点の合わない目、不気味なつぎはぎマスク。

見ているだけで情緒が不安定になります。夢に出てきそうです。

もちろん、殺戮シーンの描写も内容も容赦ありません。

 

凶器は鉈で、切る、割るのオンパレードです。中でも印象に強く残ったのは、下顎を残し切り捨てられ、ぐちゃぐちゃと踏みつぶされた女性の姿ですね。

それだけでも満足なのに、ストーリー展開がものすごくしっかりしています。娑婆に存在し得ないはずの犯人が、主人公の前に現れては消え、現れては消え、痕跡を残し、じわじわと追い詰めます。

狂気と得体の知れない恐怖、そして謎に迫る爽快感。一度で三度美味しい作品です。

 

殺戮モルフを今すぐ読む

 

パンプキンナイト

漫画のあらすじ

中学時代、クラスのグループにいじめられ、精神病院に入院していた尚子は、病院を脱走しました。

看護師や医者ら、20人以上を殺害して。

ハロウィンを彷彿とさせるかぼちゃを被り、尚子は復讐を始めます。

 

一人目の犠牲者は、尚子が脱走したと知らない明日美。包丁の柄で目玉を繰り抜かれ、道路に飛び出したところをトラックに轢かれ死亡します。

戦慄するいじめグループ。自分たちの過去を隠匿しながら、復讐から逃れようと必死に模索しますが、二人目の被害者・咲紀が捕獲されます。

生きたまま、明日美の棺桶に閉じ込められ、焼かれる咲紀。一命は取り留めたものの、手術室の換気口から顔を覗かせる尚子にショック症状を起こし・・・。

 

この続きが気になる方は、以下のサイトで「パンプキンナイト」と検索!!

パンプキンナイトを今すぐ読む

 

感想や見どころ

関係ない人もおかまいなし、目玉を繰り抜き、腸を引きずり出し、愉快でたまらないといった様子で軽快に人を殺しまくります。

全体的におどろおどろしい作風で、ホラーな雰囲気を醸し出しています。復讐の鬼を通り越し、もはや殺人鬼です。

凶器は主に、大きな包丁(牛刀?)ですが、鉄パイプやナイフ等、何でも使いこなします。

 

殺人シーンはもちろん、全貌は描かれていませんが、カボチャの中の溶けたような尚子の顔。そして、全身大火傷を負った咲紀の姿が印象的でした。生きたまま焼かれる恐怖を考えると背筋がぞっとしますね。

咲紀が焼かれている間、葬儀場の煙突から上る煙を嬉々として動画に撮る尚子の異常さも、この作品の面白さのひとつです。

 

元々変わった奴だった、尚子ならやりかねんと皆に言わしめる尚子の過去や、いじめの内容も非常に気になるところです。

復讐は始まったばかりなので、これから更にエスカレートしていくだろうと思うと目が放せません!

パンプキンナイトを今すぐ読む

 

いかがでしたか。スカっとしたい、ぞくぞくしたい、グロいシーンが見たい、とグロ漫画を求める理由はそれぞれだと思いますが、どれもおすすめの作品です。日常に潜む残虐な非日常感を求める方、ぜひぜひ読んでみてくださいね!

注意事項:U-NEXTに関する本ページの情報はこの記事を作成した時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 
Pocket
LINEで送る