Pocket
LINEで送る

 

丘上あい先生の大人の恋愛を描いた愛憎劇漫画。

 

主人公・荻野爽は、女性ファッション誌編集者の35歳。

彼女の夫・一真は、優しくて完璧で誰もが羨む夫だった。

二人は仲睦まじく生活しており、なんの問題もないように見えるが、爽は誰にも言えない悩みを抱えていた。

 

爽は、一真に子供がほしいということを言い出せずにいた。

さりげなく子供の話をしてもいつも交わされてしまう。

爽は、いつものバーで後輩の瑠衣に悩みを相談し、アドバイスを乞うのだった。

 

一真と正面から向き合おうとする爽だったが、話は思わぬ方向に展開していき・・・。

それでは、ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす1巻のあらすじやネタバレ、結末を紹介します。

 

ネタバレもあるので、先に無料の試し読みをしたい方は、以下のサイト内で「ギルティ」と検索して、無料立ち読みしてみてください。

ギルティを無料で立ち読みしてみる

 

【あらすじ】

人は嘘をつくのがうまい。

くだらないランチやら女子会のノリ、する予定もない飲みの約束、うらやましいのにうらやましくないフリ・・・。

たいがいのことは嘘でできている。

 

主人公・荻野爽は、女性ファッション誌の編集部に務めている35歳。

校了終わり、彼女が疲れて自宅のソファでうたた寝していると、夫の一真が優しく声をかけてくれた。

 

彼は優しくて完璧な夫だ。

今だって、カルパッチョをつくってあげると言ってキッチンに立ってくれている。

広告代理店に務める彼と結婚して10年が経つが、共働きだから仕事以外の時間は全て自由にしてくれる。

 

そんな生活に一真も満足しているようで、子供がいないと、こうやってラブラブな週末を過ごせると嬉しそうに話している。

爽は、そんな彼にあわせて笑顔を取り繕うのだった。

 

夜、今日は大丈夫な日だから避妊しなくてもいいと言う爽に対し、一真は困らせたくないと優しくキスをした。

そんな彼の態度に爽は釈然としない。

 

爽は、なかなか彼に子供がほしいことを打ち明けられないでいた。

欲しいのに欲しくないフリをして嘘をつく。

優しくて完璧で間違わない夫に対して、爽はたまに不自由さを感じていた。

 

そんな爽には、自分だけの逃げ場があった。

それはとあるバー。

傷心の爽がバーに行くと、そこには飲み仲間で後輩の瑠衣がいた。

 

爽の愚痴や悩みをいつも聞いてくれる瑠衣は、爽にとってオアシスのような存在だった。

爽にはニートの彼氏がおり、今日久々にあったら1軒目から居眠りをされてしまったらしい。

それでムカついたから屋台に置き去りにしてここに来たのだという。

興奮気味に彼氏への怒りを露わにする瑠衣をみて、爽は元気づけられていた。

 

瑠衣の愚痴を聞きつつ、爽も自分の悩みを彼女に打ち明けた。

爽が一真に子供の話をしてもいつもかわされてしまう。

そのせいで爽は一真に子供がほしいのかどうかを直接聞けずにいた。

 

瑠衣は、爽の話を聞いて強く共感してくれた。

さらに、爽は豪快に笑っていたほうがいいと後押しをしてくれた。

 

瑠衣に勇気づけられた爽は、そのままお酒の勢いも借りて、家に戻って一真に本心を話すことを決意した。

瑠衣は、一瞬弱気になる爽の背中を押し、爽からの報告があるまでここで待っていると約束した。

しかし、熱い激励を送って爽を見送った瑠衣は、何やらひとりで物思いにふけっている様子だった。

 

ギルティを今すぐ読む

 

【ネタバレ】

家に戻った爽は、さっそく一真に子供のことを切り出す。

いきなり子供がほしいと言い出したさやかに対して、夜中に何を言い出すのかと困惑する一真。

爽は、ずっと考えていたことだと真剣に話をすすめる。

 

仕事は楽しいが、それでも子供も欲しいというのは贅沢なのかと詰め寄る爽に対し、一真は優しく手を取り謝るのだった。

謝りつつも、一真は、はっきりと子供は欲しくないと爽に告げた。

 

思い返せば結婚するとき、お互いに家族になりたいと笑顔で話していた。

しかし、その家族に自分たちの子供は含まれていなかった。

そう思うと、爽は悲しみを隠しきれなかった。

 

一方、バーでは閉店時間が迫っていた。

瑠衣はまだ店に残って、爽からの連絡を待っていた。

爽からの連絡は一向にこず、代わりにニートの彼氏からの着信が鳴り続けていた。

 

もう夜中3時を回った頃、ようやく瑠衣に連絡が来た。

子供はいらないと言われ、今店の前にいると・・・。

 

瑠衣が慌てて店を出ると、そこには泣きそうな顔で爽が立っていた。

爽を優しく抱き寄せる瑠衣。

 

爽は彼女に話し合いの結果を話した。

一真はずっと恋人みたいでいたいから子供はいらないらしい。

爽にはずっと『女』でいてほしいというのだ。

 

強がって笑ってみせる爽を抱き寄せ、精一杯慰める瑠衣だった。

一方、瑠衣の携帯は、彼氏からの着信が鳴り続いていた。

出ていいという爽に対し、瑠衣はこっちの方が大事だと言って爽のそばにいてあげるのだった。

 

そんな瑠衣の姿を見て、爽は元気をもらった。

本当は一緒にいてほしいのをぐっとこらえ、心配症の瑠衣を巻き込まないよう笑顔で別れた。

 

一人になりどうしようもない爽は、せめてもの思いで一真にフォローの連絡を入れた。

本当の気持を偽り、自分の気持ちを言えてスッキリしたこと、もう気にしなくていいことをメールで伝え、家に帰ることにした。

 

一方、家に帰った瑠衣を待っていたニートはまさかの人物で・・・。

 

この続きが気になる方は、以下のサイトで「ギルティ」と検索!!

ギルティを今す読む

 

コミックス単巻を丸ごと無料で手に入れる方法

最後に、コミックス単巻を無料で読む方法について紹介します。

先に結論から言うと、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスに無料登録することで、コミックス単巻を無料でゲットできます。

詳しい方法を知りたい方は、今すぐ以下の記事を読んでみてください。

コミックス単巻を丸ごと無料で読む方法はこちら

 

注意事項:U-NEXTに関する本ページの情報はこの記事を作成した時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 
Pocket
LINEで送る