Pocket
LINEで送る

読者の皆さん「援交」って言葉は知っていますか?

それは女性の方がお金をもらって男性に自分の体を売ることです。

現在の法律では犯罪とされている援交ですが、SNSなどのネットワーク機能が充実している今では簡単に出会いを求め、お金の無い女子校生などが利用し、事件に巻き込まれるといった事例が起こっています。

そんな援交を題材にした「あな」という漫画では、一人の女子校生が自分の価値を決めつけ、その女子高生が闇に堕ちていく話になっています。

明るい話ではないですが、現代の闇について触れることのできる作品になっている「あな」、この記事ではそんな「あな」についてネタバレを交えながら紹介していきたいと思います。

 

※この漫画を丸ごと無料で読みたい方は、以下のページをチェックしてみてください。

電子漫画サイトの試し読みとは異なり、1冊丸ごと無料で手に入れる合法的かつ安全な方法を説明しています。

あなを丸ごと無料で読む方法はこちら

あらすじ

主人公の女子高生はある男性と車の中で二人っきりになり、男性に5000円と告げます。

 

5000円とは、女子高生が決めた自分の価値であり、この二人はこれから援交をするために車の中で話をしているのでした。

 

金額を聞いた男性はいくら何でも安すぎると思い、なぜこの金額に設定しているのか話を聞くことにします。

 

なぜ5000円に金額を設定したのか、女子高生が話をしていきます。

そしてその話はある夏まで遡ることになります。

 

いつもの学校の帰り道、彼氏と二人で手を繋いで帰宅していました。

その日は彼氏とマックに行く予定でしたが、彼氏が急にバイトを入れたことで渋々家に一人で帰ることになったのです。

 

女子高生の家は古いアパートの一室で、両親は小さい頃に離婚をしており母親が介護の仕事をしながら女子高生を育てていました。

そのせいか、女子高生は、おこずかいを貰ったことも無く、バイトはしているけれど年頃の女子高生にとっては全然物足りない金額でした。

 

そして、その日の夜にSNSの掲示板で知り合った30代の男性と実際に会うことにしました。

 

男性の車でマックに行き、二人っきりの車内でハンバーガーを食べることにします。

マックを食べ終えた女子高生は満腹により眠気が来たので帰りたいなあと思っていると、不意に男性が胸を触り始めます。

いきなりのことで頭の生理が追いつかない女子高生は必死に抵抗をします。

しかし、男性はいきなり女子高生の顔を殴り、女子高生をおとなしくさせました。

その後、行為をすませた男性は女子高生を車から降ろし、女子高生の手に1万円を掴ませてその場を後にするのでした。

 

その1万円を見つめて女子高生が思ったのは、レイプをされた悲しみなどでは無く、自分の価値が1万円で、この1万円を手に入れるためにセックスをしたという辛い気持ちでした。

 

次の日の帰り道、いつもと同じように彼氏と手を繋いで歩いていると、女子高生の顔のアザを見た彼氏が疑問に思い、アザの理由を聞いてきます。

 

そのアザは昨日の援交によって付けられたものであることを正直に言うと、彼氏から帰ってきた言葉は女子高生を心配するものではなく、自分はタダで女子高生とやれるからラッキーという最低な返事でした。

 

何が何だかわからなくなった女子高生は彼氏と別れるのでした。

 

ここまでが、女子高生が援交を始めるきっかけとなった体験談となり、本作品の中盤までの話となります。

 

この後は、女子高生の価値がなぜ5000円まで下がってしまったのか、なぜ女子高生は援交を続けているのか、そして女子高生に待ち受ける結末とは何なのか。

続きはネタバレで。

 

※この漫画を丸ごと無料で読みたい方は、以下のページをチェックしてみてください。

電子漫画サイトの試し読みとは異なり、1冊丸ごと無料で手に入れる合法的かつ安全な方法を説明しています。

あなを丸ごと無料で読む方法はこちら

ネタバレ

車内である男性に話を聞いてもらっていた女子高生は次に金額が5000円に下がった理由を話始めます。

 

自分の価値が1万円だと知った女子高生は再びSNSの掲示板に書き込みをいれます。

「金額は1万円、ホテル代はそっち持ちで」

そして、最初の男性とは別の男性と出会います。

 

男性の車に乗って道路を走っていると、男性から1万は高いからまけてくれと言われます。

約束と違うと言い返す女子高生ですが、男性は無理やり押し倒し行為に移るのでした。

行為の最中にいくら金額を出すのかと男性に聞くと、5000円と告げられるのでした。

 

その後は5000円でSNSに書き込むと、沢山の男性が連絡をしてくるのでした。

 

ここまでが、女子高生の体験談であり、5000円という金額になった理由なのでした。

 

女子高生の話を聞いていた男性は腕時計と見て時間を確認し、4時51分を指している針を見てひと呼吸おき、女子高生に語りかけます。

 

その話の内容は、女子高生の事を親身に考えたことであり、もしも誰かが手を差し伸べていたらあなたは援交をやめていたのではないのかということでした。

 

男性からかけられた言葉を嬉しく思った女子高生は頬をあからめ、男性にあなたは私をどう思うのか聞くことにしました。

 

「あなたがいれば援交なんてしなくなるかも—-」

 

この言葉の後に少しの沈黙が訪れ、男性は再び時計に目をやるとその針は5時03分を示していました。

そしてこの後、男性から思いもよらない言葉をかけられ・・・。

 

 

※この漫画を丸ごと無料で読みたい方は、以下のページをチェックしてみてください。

電子漫画サイトの試し読みとは異なり、1冊丸ごと無料で手に入れる合法的かつ安全な方法を説明しています。

あなを丸ごと無料で読む方法はこちら

あなを無料で読む方法

最後に、あなを無料で読む方法について紹介します。

先に結論から言うと、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスに無料登録することで、この漫画を無料でゲットできます。

詳しい方法を知りたい方は、今すぐ以下の記事を読んでみてください。

あなを無料で読む方法はこちら

注意事項:U-NEXTに関する本ページの情報はこの記事を作成した時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 
Pocket
LINEで送る