Pocket
LINEで送る

主人公・美幸は、元夫と死別し、幼い息子を連れ今の夫と再婚しました。

ですが、待ち受けていたのは、殴る、蹴るの暴力、暴言。

息子のために19年間耐え続けたのですが、ついに我慢の限界に達し家を飛び出します。

 

明日の食事代、1,000円札1枚だけを握りしめて。

社会問題、DVから必死で逃れようとする女性を描いたヒューマンドラマです。

 

それでは、漫画「所持金1000円で家出主婦~DV夫に私は負けない!」のあらすじやネタバレ、結末を紹介します。

 

ネタバレもあるので、先に無料の試し読みをしたい方は、以下のサイト内で「所持金1000円で家出主婦」と検索して、無料立ち読みしてみてください。

所持金1000円で家出主婦を無料で立ち読みしてみる

あらすじ

あと5分、あと5分で夫が帰ってくる。

尋常じゃない慌てっぷりで美幸は野菜を炒める手を早める。

だが、火傷をしてしまい、思わずフライパンをひっくり返す。

 

息子・幸一郎が、苛ついた顔でそれを見ていた。

幸一郎は、死別した前の夫との間にできた子で、今の夫とは血が繋がっていない。

チャイムが鳴り、帰ったぞ!!と怒鳴り声。

 

美幸は急いで駆け付け、玄関で三つ指をついて出迎える。

今日は、夫の部下・杉下の栄転が決まったため、家に招いて祝うことになっていたのだ。

いつもに増して緊張が走る。

 

古き良き妻、という振る舞いの美幸を見て褒める部下たち。

俺の教育の賜物だと鼻を高くし、早くメシと酒を出せと夫は美幸の背中を蹴った。

転ぶ美幸に手を差し伸べる杉下。

 

夫は俺の躾に文句あるのかと笑顔で嫌味を飛ばした。

出てきた美幸の手料理に、部下たちは大絶賛。

これも俺の教育だといい気分になる夫。

 

1日の食費は1000円に抑えさせている、だが朝食は3品、夕食は5品のおかずに酒を付けさせていることを話し出す。

夫の高説はそれに止まらない。

美幸の前夫は警察官である自分の相棒であったこと。

 

職務中に前夫の運転で事故って自分まで怪我をさせられたこと。

産まれたばかりの子供を抱え、不憫だからコブ付きの中古品をもらってやったと大豪語。

ビールを運びながらそれを聞いてしまった美幸はショックを受ける。

 

所持金1000円で家出主婦を今すぐ読む

 

ネタバレや結末

酌をする手も震え、部下のスーツにビールを零してしまった。

罰だと夫は思い切り美幸の腕を抓る。

さすがに行き過ぎだと部下たちは止めるが、「痕があった方が夜が燃える」と言われ、想像して息を呑んだ。

 

その痕を見てみたい。

そんな要求が飛び出し、夫は皆の前で美幸を脱がそうとした。

そこへ杉下が割って入る。

 

自分の祝いの場なのだから、俺の顔を立てて収めて欲しいと。

暴君である夫を御してくれる優しい彼に、美幸は心をときめかした。

だが、皆が帰ったあと。俺に恥をかかせたと夫は激昂。

 

美幸の髪を掴み、床を引きずり回す。

おまけに、「杉下に色目を使った」と。

誰がお前らの面倒を見てやったと思ってるんだ!

 

声を聞き、静かに階段を降りてくる幸一郎。

母が許しを乞い、機嫌を直した義父に服を剥ぎ取られる様をじっと睨みつけていた。

その存在に気付いた夫が手を止める。

 

そして喧嘩腰に喚くと、幸一郎は身を翻し部屋へと戻って行った。

浪人中である幸一郎のことをも夫は見下していた。

役立たずの穀潰し、自分のタネなら優秀だったろうにと罵る夫に美幸の表情が強張る。

 

その目が気に入らないと言って、夫はハサミとバリカンを手に取った。

そして、美幸の髪を刈り取ると、これで男に色目も使えまいと高笑いする。

あまりのことに茫然自失な美幸。

 

満足げに夫は、明日の食費だと1,000円札を叩きつけ去っていった。

洗面台でうずくまったまま動けない美幸に、再び幸一郎が近付いてきた。

そして、美幸のことを、まるで売女だと。

 

あんな男の機嫌とって金貰って……お前なんかの息子で恥ずかしいと叫ぶ息子に、美幸の心は崩れ落ちた。

自分も、この再婚は失敗だったと気付いていた。

だけど、息子には不自由させたくなくて必死の思いで耐えてきたのだ。

 

頭をマフラーで隠し、1,000円を握りしめ美幸は家を飛び出した。

行くあてもないが帰りたくない。

夜の町で立ち尽くす美幸に、通りすがりの男が「立ちんぼか?」と声を掛ける。

 

違うと言っても引き下がらず、マフラーを解いて尼さんみたいで色っぽいと喜ぶ男。

逃げる美幸に男は追いかけてくる。

そんな中、割って入った影があった。

 

「警察だ」

杉下が警察手帳を掲げ、助けに入ってくれたのだ。

夫の様子を見ていた杉下は、美幸の事情をそれとなく察し、落ち着くまで僕の家へ行きましょうと誘った。

 

躊躇いながら付いて行った美幸だが、「先ほどの料理のお礼ですから」と屈託のない笑顔で言われ緊張の箍が外れる。

なんならずっといてもいいんですから。

杉下は泣き出す美幸を抱きしめ、慰めつつ器用にリモコンのスイッチを押した。

 

隠して置いてあったビデオカメラが始動する。

それを確認し、美幸のマフラーを外させる。

もう僕に遠慮はいらないので、と。

 

温かな飲み物を飲みながら、美幸を庇うように夫の仕打ちを咎める杉下。

始めはそれに聞き入っていたものの、徐々に夫をこき下ろす言葉にシフトしていき・・・。

 

この続きが気になる方は、以下のサイトで「所持金1000円で家出主婦」と検索!!

所持金1000円で家出主婦を今すぐ読む

感想

リアルで非常に痛々しいお話でした。

息子のために自分を押し殺す母……幸一郎もさぞ見ていて悔しいことでしょう。

すごく感情移入でき、読んでいて歯痒くなりました。

 

とは言え物語はまだ1話目。

幸せへの第一歩を踏み出したばかりです。

早速波乱が待ち受けていて面白いですが、美幸にも幸一郎にも、ハッピーエンドが用意されていることを祈りながら見守りたくなる作品です。

所持金1000円で家出主婦の単巻を丸ごと無料で手に入れる方法

最後に、所持金1000円で家出主婦の単巻を無料で読む方法について紹介します。

先に結論から言うと、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスに無料登録することで、コミックス単巻を無料でゲットできます。

詳しい方法を知りたい方は、今すぐ以下の記事を読んでみてください。

所持金1000円で家出主婦の単巻を丸ごと無料で読む方法はこちら

 

注意事項:U-NEXTに関する本ページの情報はこの記事を作成した時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 
Pocket
LINEで送る